神戸ビーフ

世界を魅了する、ブランド牛

やわらかな肉質、上品な甘みと香り、
牛肉の最高峰と言われる「神戸ビーフ」。
おいしさの決め手は、
肉全体にきめ細やかに入り込んだ”サシ”。
熱を加えることで、甘みのある赤身と
脂肪の香りが絶妙に溶け合い、口の中に
まろやかな風味と香ばしさが広がります。
いつまでも余韻を残すような上品な味わいは、
他の牛肉とは一線を画しています。
高級ブランド牛として、
世界中で愛されています。

イメージ

神戸ビーフの原点「但馬牛」

神戸ビーフは、兵庫県産の「但馬うし」を素牛としたブランド肉の一種です。
世間では、”神戸牛”の愛称でも親しまれています。

「但馬牛」のふるさとは、兵庫県の但馬地方。
平野部が少なく、気温の寒暖差の大きい地域です。
ここで育つ柔らかい牧草と、ミネラル分豊富な水のおかげで
但馬牛は風味豊かな肉質に育ちます。

神戸ビーフ

霜降り肉を作り出すうえで、重要なのは「血統」と言われており、
「但馬牛」は、品種改良の種牛としても重宝されてきました。
松阪牛や近江牛を代表する日本のブランド牛のルーツになっています。
和牛の頂点とされるこの「但馬牛」から、
究極に美味しい「神戸ビーフ」が生まれます。

神戸ビーフ

厳しい認定基準

兵庫県産の「但馬牛」の中でも、特に未経産牛・去勢牛であり、
以下の枝肉格付けをクリアしたものだけが「神戸ビーフ」に認定されます。

  • 霜降りの度合いを表す「BMS」がNo.6以上
  • 可食部分の割合(歩留等級)がA・B等級
  • 枝肉重量が470kg以下
  • 肉質のきめ細かさ、しまり具合がすぐれている

品質のよい「但馬牛」の中から、
さらに選び抜かれた牛肉だけが「神戸ビーフ」と呼ばれます。
神戸ビーフの定義は、数あるブランド和牛の中で最も厳しいと言われています。
最高品質が保ち続けられて理由がここにあります。

信頼のあかし

神戸ビーフ認定の証として、牛肉には兵庫県の
花であるノジギクを形どった刻印が押されます。
また、神戸肉流通推進協議会の指定店には、
牛をかたどったブロンズ製の
モニュメントが置かれています。

神戸サカエ屋より

ページトップへ

給食業者の皆さまへ
冬のギフト
商品一覧
商品一覧
神戸ビーフ
ひょうご雪姫ポーク
昭和ビーフ
神戸丸橋ホルモン
神戸ポーク
播州百日どり
高原但馬どり
加工品(雪姫ポーク)
その他商品