播州の奥座敷、兵庫県多可郡多可町加美区。
町土の約8割を山林に覆われ、ほぼ中央を南北に、
清流『杉原川』が流れる大自然のまちです。そんなゆたかな恵みの中で、
太陽の光をいっぱいに浴びながら育つ『播州百日どり』。
肉のうま味を最大限に引き出すため、
通常の鶏の約2倍にあたる100日という時間をかけて、じっくりと育てています。
播州百日どり
播州百日どり 美味しさのための100日間
卵からふ化したばかりのヒナは育雛場に送られ、病気等にならないよう20日間大切に育てます。その後、多可町加美区の生産者の鶏舎に移され、80日間飼育。肉質は繊維質が細やかで口当たりがよいのが持ち味。運動量を重視した開放平飼いの鶏舎で飼育しているため、肉の締まりが良く歯ごたえも十分です。
交配様式
オス:ホワイトコーニッシュ
ブロイラーの血を引き、百日どりの増体を良くして経済性を追求します。
この両種を交配した「播州百日どり」は地どりに負けない品質を誇り、地どりの規格に準じた飼育を行っております。
 
メス:サソー種(SA31L)
サソー社は赤鶏系の育種に専門化した会社で、フランス国内の高級肉であるラベル・ルージュ市場の60%以上のシェアを持っています。肉質、旨味、美味しさは日本の地どりに匹敵しており、JAみのりではSA31Lを直接フランスから輸入しています。
播州百日どり
発 育
季節によって多少差はありますが、標準的に下図のように発育をします。
飼 育
飼 育
保 温 種付け時35°
給温は夏7日間、冬30日間(移動後室内を仕切り10日前後給)給温
湿 度 床面に散水(3〜4日)
鶏 舎 20日齢まで育雛舎で飼育(品質の統一を図るため)
育 成
鶏 舎 開放平飼い鶏舎(兵庫県多可郡多可町加美区内に飼育を限定)
密 度 飼育密度は屋内で10羽/m2以下(地鶏の飼育基準による)
照 明 導入から出荷まで昼間自然光、夜間点灯
飼 料 全期間指定配合飼料(百日どり専用)を不断給餌
鶏 舎 開放平飼い鶏舎(兵庫県多可郡多可町加美区内に飼育を限定)
給 水 自由飲水。給湯期は飲水器
その他 生産履歴は確認可能です。
衛生管理
原則として予防を目的とした抗生物質・抗菌製剤の投与は行いません。
ワクチン
0日齢 マレック病、及び鶏痘ワクチン(孵化場で接種)
12日齢 伝染性気管支炎ワクチン
15日齢 ニューカッスル病、伝染性気管支炎ワクチン
22日齢 ガンボロ病ワクチン
40日齢 ニューカッスル病ワクチン
鶏舎の清浄化 各鶏舎踏込消毒槽の設置・オールアウト後の鶏舎の清掃
水洗の徹底・3回の消毒(オルソ剤、逆性石鹸製剤、ヨード剤)
鶏舎周辺の消石炭散布・1ヶ月の空舎期間・ひな箱は消却・敷料は鶏糞処理場へ

ページトップへ

商品一覧
商品一覧
神戸ビーフ
ひょうご雪姫ポーク
昭和ビーフ
神戸丸橋ホルモン
神戸ポーク
播州百日どり
但馬どり
加工品(雪姫ポーク)
その他商品